REPORT

【スタッフレポート】菅谷淳一vol.41 「HOW TOスクープハンマー3/8oz」

こんにちは、フィールドスタッフ 菅谷です。

 

津久井湖、相模湖エリアでは、ついこの間まで、大変な減水で困っていたのですが、ここの所の雨続きで満水状態

 

しかも、冷たい雨が降る事が多く、上流エリア、インレットの近くでは、この時期には、異常と言っていい程の低水温

その他のエリアも雨が多い事で、水深によって水質はまちまち、しかも、数時間たつと状況が変わってしまう、不安定なフィールドコンディションで、バイトに持ち込めるバスの居場所を探すのは一苦労です。

 

こんな時大活躍してくれるのが スクープハンマー3/8ozです。

 

image2

このスクープハンマー3/8ozは水深を気にせずに使えるので、広範囲を手返しよく使用でき、

バスを探してバイトに持ち込んでくれます。

また、サーチベイトとして、ボトムの形状などをチェックするのにも大活躍してくれます。

 

使い方は、バーチカルに落とし込み、あまり大きく[しゃくる]のでは無く、

ボトムを10cm程移動させるイメージで、1ブル、2ブルと、スクープハンマーの動きを感じながらボトムをトレースしていきます。(PEラインでの使用をお勧めします。)

また、急深な岩盤エリアや岬などで使う場合はリールのクラッチを切り、ラインを指で 抑え送り込みながら使っています。 (私は水深2~25m位迄使っています)

 

後、もう一つの特徴として

[しゃくった]後のフォール姿勢がとても良く

しっかりバスにアピールしてくれるので、とにかくよくバスが釣れる!

image3

私は、試合前のプラクティスで湖全体を素早くチェックしたい時や、

フィールドのコンディションが良くない時などは、ほぼ1日中スクープハンマー3/8oz

使っている時も有りますし、年間を通して使用頻度が高く、最も頼りにしているアイテムです。

 

前年度の津久井湖オープントーナメントでは、 スクープハンマー3/8ozメインに使用してお立ち台に立つ事も出来ました。

 

image1

これから秋になりバスが散り、ポイントが絞り辛くなった時や、

冬の厳しい時期にはスクープハンマー3/8が大活躍してくれますよ!

 

スクープハンマー1/4ozの使い方はまたレポートします。