REPORT

【スタッフレポート】菅谷淳一 vol.36 春の相模湖!

フィールドスタッフの菅谷です。

いよいよ春が来た! という感じで、各地でビッグバスがキャッチされた話しが聞こえてきていますが、 私がメインフィールドとしている津久井湖、相模湖エリアでも、春が来たようで、 水温も上昇傾向、それに伴い、バスの活性も上がって来ました。

 

一年中で今が一番ビッグバスをキャッチ出来る可能性が高い時期かもしれません。 私も先日、相模湖の川筋をビッグバスを狙って、巻物オンリーで上流に向いながらテンポ良く釣りをして行きました。

 

この日は水質がとてもクリアだったので、岸際より少し沖目を意識しながら、沈み物やボトムにコンタクトさせながら、釣りを展開していきました。

 

すると、突然強烈なバイト! 私があわせる間も無く、ロッドの手元近くまで湖に引き込まれる強烈な引きで、鯉でも掛けたかな?と少し思っていると、今度は水面近く迄、急激に上がって来て姿が見えました。 ビッグバスだ!

 

ゴンゴン!と強烈な引きを手元まで伝えてくれるファイターで、掛けたポイントもオープンエリアでは無く、近くにはカバーも有り、簡単なランディングでは有りませんでしたが、時間をかけ慎重にやり取りし無事キャッチする事が出来ました。 キャッチしたバスは50upで2kgハカリをかるく振り切る納得のビッグバスでした。

image1

この時、私が使っていたロッドはスペルバウンド、ファーストムービングモデルSBCC-608FM2

このロッドの特徴は、キャスト時にルアーの重さがしっかりロッドに伝わり、心地良く投げられ一日中投げても疲れません!

 

また、バスをヒットさせた後のやり取りがとてもし易く、しかもバラし難い。 私は巻物にはこのロッドの使用頻度が高いのですが、一度もバラした事は有りません。

今回もビッグバスの強烈な引きにも主導権を与えませんでした。 私がとても信頼しているロッドです。

 

お勧めです。是非チェックしてみて下さい‼