REPORT

【テスターレポート】菅谷淳一vol.33  でた~!フォールクロー2.5で2900gフィッシュ!

皆さんこんにちは。フィールドテスターの菅谷です。

 

今回は8月、9月の津久井湖、相模湖のレポートをします。

 

ここの所、ニュース等で各地での、大雨に関する被害を耳にし、被害に遭われた方が大変な思いされている事、お見舞い申し上げます。

私のメインフィールド、津久井湖、相模湖エリアでも、大変な量の雨が降り、急激な増水に見舞われ、ボート屋さんの船が沈没したり

桟橋が流されたりと、人的被害は無かったようですが、かなりの爪痕を残して行きました。

 

当然、両フィールド共に、水質はカフェオレ状態 、水温も例年よりも低く、雨が降る前とは、激変しました。

 

しかしながら釣果としては、小型のバスが中心では有りますが、好調で親子やカップルでバス釣りを楽しまれている方も多く見かけます。

 

釣り方としては、濁っているためディープは捨て、シャロー(水深0.5位?6m)の岩盤やカバー周りを、フォールクロー2.5インチ

ダウンショット(カラー、スカッパノンブルーフレーク、AOYブラック、)でタイトにゆっくりとアプローチする釣り方がとても好調です。

 

先日、津久井湖で行われた試合では、お立ち台に立った5位迄の選手のなかに、フォールクロー2.5インチのダウンショットを使った方が2いました。

 

また相模湖でも、多分マックスサイズに近いと思われる2900g?超のビッグバスもフォールクロー2.5インチでキャッチされました

image1

どうですか? 相模湖MAX級サイズです。いや~スゴイです。これぞフォールクロー2.5インチの破壊力!    

残念ながら、私が釣ったわけではありません。

 

これからシーズン後半も、フォールクロー2.5インチのダウンショットで津久井湖、相模湖エリアを思いっきり楽しみたいと思います。

目指せ!3kオーバー!!

image2

 

11月から、私が一番力を入れている、津久井湖オープントーナメントが始まります。 かなり厳しい大会ですが、AOY目指して頑張ります!