REPORT

[テスターレポート]礒野恒二郎vol.2


フィールドスタッフの礒野恒二郎です。

10月初旬、ヴェルトロミノーを持って野池に行ってきました。
今年は9月中旬から雨が多かった為、濁りが結構きつく、バスを視認できませんでした。

厳しい状況かと思いましたが、とりあえず流れ込み周辺からチェックしてみました。
スローにリトリーブしたり、トゥイッチを入れてみたりしましたが、反応はありません。

次に岸際や、少し沖のブレイクラインをトレースするものの反応なし…。

・・・何か違う

と思い、池の中央に遠投し、ファストリトリーブすると待望のバイト!30センチ前半のバスでした。

Veltroのファストリトリーブで!!

「これだっ!」

ということで、沖に向かっていろんな方向にキャストし、ファストリトリーブを繰り返すと、40cmを最大に5本のバスを獲ることができました。

秋の荒食いは始まっているようで、野池ではストラクチャー等をじっくり狙うより、何も変化がないような所でも広く探るほうがいいようです。

そして、肝となったファストリトリーブ…。

野池のバスはスレやすく、ルアーを見慣れてしまっているということもあります。
そういう場合は、ルアーを止めて見せるより、動かし続けるほうが断然釣果が上がることがあります。

そして、スローではなくファストリトリーブすることで、バスの狩猟本能を刺激して、追わせてバイトさせることができます。

それと、ジョイントミノーという形状が実現するヴェルトロミノー特有の「ナチュラル波動」がファストリトリーブでも、しっかりとバスにアピールしてくれます。プラグ本来の硬い波動だけでは、野池の狭い中で釣り続けることはなかなか難しいですが、ナチュラルな波動を持つヴェルトロミノーなら、さらにもう1本の追加を可能にしてくれます。

今回、最もバイトの多かったカラーはキンクロでした。
ベーシックでオールマイティなカラーで、ステインウォーターの野池などでセレクトされることが多いですが、シルエットがはっきりしていて、動かした時の色のコントラストが強いキンクロは、ファストリトリーブ時にも、しっかりとバイトさせられる有効なカラーです。
ヴェルトロミノー/キンクロ

ヴェルトロミノーでファストリトリーブをする時には、一度、キンクロを試してみて下さい。