REPORT

[テスターレポート]高瀬智哉vol.8

こんにちはフィールドスタッフの高瀬です。

毎日暑いですね。
夏真っ盛りの八郎潟へ遠征してきたのでその模様を報告します。

8月前半
晴れ
気温33℃ 水温29℃

当日は東部承水路&残存湖での釣行。
水中は完全に夏パターンになっている事と判断して魚を探してみました。

まず朝一はトップからのスタート。
バズベイトで広範囲を探りながら要所はポッパーでじっくり攻める釣り。
1stブレイクで数本のバスがトネスプラッシュに襲いかかってきました。
反応の良かった使い方は一度カップでスプラッシュを上げ、その後はペラが回るギリギリのスピードでゆっくり動かすとバイトが多かった様です。

トップに反応が薄くなってからはリップラップをNEWクランクのヴィズラでサーチ。
ヴィズラはリップ交換可能という画期的なシステムを搭載したクランクです。

リップ交換により深度&水流&動きが大きく変わってきます。
2種類を1つのルアーで使い分ける事が出来るので非常に便利なルアーです
(どちらもただ巻きで良く釣れます!)

陽が昇ってからは橋脚廻りや浚渫をテキサスリグでゆっくりとズル引くスローな釣りを展開。
一昔前は葦際を打っていれば入れ食いでしたが、今の八郎潟はそこまで簡単に釣らせてはくれません。

リグを落とした後も派手過ぎないアクションで少し見せてあげる事が重要です。
夏は季節がはっきりしている為、バスがいるべき所には必ず入っているのではめると爆発します。

ぜひ東北のパラダイスにエンジンルアーを持って遊びに行って見てください。
それではまた・・・