REPORT

[テスターレポート]礒野恒二郎vol.7

こんにちは、テスターの礒野です。
今回はエンジンのニューカマー『ストライクセッター ヴィズラ』を引き倒してきました。

フィールドに到着してみると、ご覧の通り白濁りの水…。
いつもはクリヤーな水質だけに不安がよぎります。

先ずは、Type−1のマットブラウンチャートを投げてみます。
このクランクベイトはコンパクトサイズながら飛距離も出、とても使いやすく、浮力が高いおかげもあって障害物回避能力が非常に優れているというのが最初の印象でした。

白濁りのせいなのか反応がないため、Type−1のままエンジンクラウンにカラーチェンジです。
すると一投目から反応がありました。
釣れてきたのはコバスでしたが、カラーチェンジは正解だったようです。

さらに次の一投で45アップがヒットしました。
ひったくるバイトでまさにストライクセッターという感じでした。

・白濁りで水中の光量が減った状況で、しっかりしたフラッシングでアピールできた。
・ヘッド部分の鮮烈なレッドがバイトマーカー的な役割をしてバスに確実なバイトをさせられた。
この2点がエンジンクラウンが効いた理由だと思います。

この様に、フィールドの状況がいつもと違う場合にはすぐにルアー自体を変えるのではなく、先ず、カラーチェンジするといい結果に繋がることもあるのです。

このストライクセッター ヴィズラには今までにない画期的なシステムとして、リップの交換が出来るという、一つで二度おいしいルアーとなっています。
そして、ヴィズラが作り出す水流にもこだわっているのです。
詳しくはWebにてご覧下さい。

こらから、夏、そして秋にかけてはクランクベイトの出番が増えてくると思います。
その時は是非、私のマストアイテムにも加わったストライクセッター ヴィズラを試してみてください。
クランクベイトの楽しさを体感できると思います。

私も、ストライクセッター ヴィズラの強さを知るべく、その特徴をさらに把握すべく投げ倒していきたいと思います。