REPORT

[テスターレポート]丸山知幸Vol.1

みなさん初めまして。

エンジンフィールドスタッフとして新たに採用していただきました丸山知幸です。

所在地は長野県白馬村です。
今回は、野尻湖の晩秋の釣りで良い釣果が得られましたので報告させていただきます。

釣行日:11月2日
気温:5〜10℃
水温:14℃
天候:晴れ

野尻湖は、連日の冷え込みにより9月後半ごろから発生していたターンオーバーがひと段落し、水がクリアでスモールの活性も上がっているだろうという状況。

狙う場所は、これから冬に向けて越冬場所近くでエサ(エビ・ワカサギ両方)が効率よくとれる場所

そして、スモールのいる水深

これはスモールのいやすい水深があるのだと思います。
魚探を注意深く見てください。

釣り方としては野尻湖では定番のライトキャロのズル引き。

キャロシャッドによるリアクションの釣りが有効な場合もあるのですが、今回は不発。

ライトキャロの内容
シンカー:1/16oz
ライン:3ポンド
フック:オフセット
ワーム:3in


こちらのスモールは42cm1000g


こちらのスモールは40cm900g

釣りのポイントとしては、狙う水深をきっちり、そしてゆっくりリグを通してやること。

断言はできませんが、シンカーが浮いてしまうスピードでロッド操作をすると、リグの移動が早すぎて釣れずらい傾向があります。

イメージはそっと動くエビと言ったところでしょうか。

話は変わりますが、10月17日に野尻湖でシースピリット&一番館カップが行われました。

ENGINEより協賛をいただきましたので、私がロッドの紹介をさせていただきました。