REPORT

[テスターレポート]林正樹Vol.2 Studio100カラーシンカー

こんにちはフィールドスタッフの林 正樹です。

今回はカラータイプも追加されたStudio100タングステンバレットシンカーカラーについて。

葦際やテトラなどをスモールワームで手返し良く撃って行きたいがスピニングタックルではパワー不足。

そんな時に多用するのがタングステンバレットシンカー1/8oz(3.5g)を使ったライトテキサスです。

葦際を早いテンポで手返し良く撃つ時はストレート系ワームと組み合わせ

同色系で組み合わせた例です。

テトラをじっくり撃つにはシュリンプ系と組み合わせ

ナチュラルカラーにはマットブラックを、アピールカラーにはマットクローを組み合わせています。

従来の丸形状だとせっかくテトラに乗っても斜面をコロコロと転げ落ちてしまいますが、STUDIO100タングステンバレットシンカーを使えば、平面と球面を組み合わせた独自形状によりフォール後の安定した着底姿勢を保つことが可能です。

他にも色々な組み合わせが可能です。是非手にとってフィールドで試してみてください。