REPORT

[トーナメントレポート]浅見克美Vol.3 NBC東京チャプター第3戦

フィールドテスターの浅見です。

今回は6月5日に津久井湖で行われたNBC東京チャプター第3戦スピンナーロックCupに出場し優勝することが出来ましたので、レポートさせて頂きます。

【エリア1 AM7:30津久井観光ボート対岸の4番〜日赤病院下】

スタート直後、この時期に実績のある4番から開始しました。
エリアに入りシャローを確認すると1キロ位のバスが確認できました。

フィッシュテールをセットしたダウンショットで1尾キャッチ。
続けて同エリア・同リグで600g位を追加しました。

【エリア2 AM10:30橋脚】
ヴェルトロミノー65(改)を橋脚に向けキャストすると、サスペンドしている1800g位のバスが見に来るが口を使わず断念・・・。
このパターンには少し時期が早く7月に入る頃には炸裂するパターンなので、また詳しくご紹介します。

【エリア3 AM11:30観光ボート近くの崖崩れ跡】
立木にサスペンドしているデカバスを発見!
エコスワンプのヘビーダウンショットを太い枝に引っ掛けてバスの口元まで落としていくと、バスが口を開くのが見えました。

フッキングが決まった瞬間、一気に潜られ木に巻かれてしまいました。
無理やり引き出しランディングに成功したのは、57cm3500gのキッカーフィッシュでした。

木に巻かれた3500gのバスを無理やり引き出すのに成功したのも、今回使用したロッドSPELLBOUND SBC-606Mのおかげです。
トータルバランスが良く、正確なキャストが決まるので、障害物の多いピンスポットやサイトフィッシングなど、正確なキャストが必要な状況では、絶対に無くてはならない1本です。

その後、同じエリアでスモラバのミドストなどを試しましたが入れ替える事が出来ませんでした。
この時点で3本のリミットメイクしていたため、早めに帰着し検量してみると5020gで優勝することが出来ました。


※写真提供NBC News

7月に行われる第4戦はENGINECupなので、入賞出来るように頑張ります。

【使用タックル】
ダウンショット
ロッド:SPELLBOUND SBS-511SL2
リール:2500番
ライン:フロロ4lb
ルアー:フィッシュテール

ヘビーダウンショット
ロッド:SPELLBOUND SBC-606M
リール:Abu Revo SX KTFフィネス
ライン:フロロ8lb
ルアー:スワンプクローラー