REPORT

[トーナメントレポート]浅見克美Vol.4 JB河口湖B第2戦

こんにちは、フィールドテスターの浅見です。
今回は7月7日行われたJB河口湖Bシリーズ第2戦のレポートです。

※前日プラ※
サマーメタルパターンをメインにミドル〜ディープを中心に開始。
各岬周りの6〜9mをチェックすると、300g前後のバスを5本釣りましたがウエイトが伸びず、シャローへ移行しました。

各シャローエリアを確認しましたが、サイトで確認出来るバスは多くありませんでした。
その中でも良かったのが、艇場桟橋横の水門前と信号下の2ヶ所が一番魚が濃いと判断しプラを終了。

※当日※
フライトはじゃんけん。
後からのスタートでメインエリアにしていた水門前を諦めていたところ、運良く1番に入れました。
しかし昨日確認したビッグバスは見つからず、スクールしていた300gのバスをダウンショットで1本釣り信号下へ移動。

信号下の水深1m前後にいるバスを発見するも、着水音で逃げてしまう状態。
逃げたバスが再度ロックするのを待ち、10gの自作ラバージグ+ポークをセット。
着水音を無くすために、壁に生えている草へひっかけてからゆっくり水中へ入れシェイクするとバスが簡単にバイト。

5分近くのやり取りで上がって来たのは、60UPの3600gの超キッカーフッシュ!

その後はリミットを揃える為、各所をランガンしたが追加できず。
橋内へ入りグラブワンドの桟橋でスモラバで2本追加&フッキングミスで終了しました。

結果、4本で4815gの3位でした。


※写真提供NBCNEWS

桟橋でフッキング出来なかったバスは60cm、5600gよりでかい500gでした・・・。
ミスを起こさないよう練習を頑張ります!

【使用タックル】スモールラバージグ
ロッド:SPELLBOUND SBS-511SL2
リール:2500番
ライン:フロロ4lb

ラバージグ
ロッド:SPELLBOUND SBS-606MH
リール:左巻き
ライン:フロロ10lb