REPORT

[テスターレポート]礒野恒二郎vol.15ハードルアーの秋本番

こんにちは、テスターの礒野です
秋も本番です。エンジンハードルアー達の出番ですね。

野池のシャローでベイトを追いまわしている高活性のバスを効率よくヒットさせるKvinnor Canada Goose にはクランクベイトの出番となりますが、オススメはやっぱりヴィズラです。

安定したスイミング姿勢と合わせて、独自のリップ形状とボディが生み出すオリジナルの水流波動がバスのバイトを誘発します。
ステディ〜ファストリトリーブでのゴンとくるバイトは最高ですね。

カラーについては、その湖の状況・水色に合せて選ぶのもいいですが、基本的にベイトを追い回している状況なので、そのベイトに近いカラーをチョイスするのがベストですね。
エンジンシャッドやクロータイガーの出番でしょうか。

ターンオーバーの影響でディープやミドルレンジからシャローエリアに逃れてMän Canada Goose きたバスはコンディションが悪く、ベイトを追いきれない状態になっています。
そんな時にはヴィショップ60の出番で、速引きのストップ&ゴーでバイトさせます。

速引きが有効な理由は水押し・波動が強くなることで広範囲にアピールできることがひとつです。
そして、もうひとつはスロー〜ステディリトリーブではバイトしない食性の低いバスがファストリトリーブにはリアクション的に反応することが多くあるからです。

次はカラーですが、バスからの視認性とリアクション的効果を高くする目的で、ターンの状況下ではシャイニングピンクシャッドやライムチャートといった派手なアピール系をセレクトします。

秋は湖のコンディションがめまぐるしく変化する季節ですので、その状況に合せてヴィズラとヴィショップ60を使い分けることが必要となります。
そうすれば、より多くのバスと出会うことが出来るでしょう。