REPORT

[トーナメントレポート]浅見Vol.8 津久井湖オープン第2戦


皆さんこんにちは、フィールドスタッフの浅見です。

先月に引き続き、12月11日に行われた津久井湖オープン第2戦に参加致しました。

今回は第1戦目と同じように、最初からディープで勝負しようと決めていました。

最初に「4番の岬〜日赤下までの11〜14m」に入り、魚探でベイトを探しアライブシャッドのダウンショットとジグヘッドでシューティングするもバイト無し。

この時点でバスはベイトに付いていないと判断し、ディープのストラクチャーに付くバス狙いに変更しました。

第1戦でリミットメイクした「神社跡8〜12m」に入ろうとしましたが、10艇程の船団状態で入りたい場所には入れそうになかったので諦め。

次に入った場所は「台地10〜13m」。
魚探でスタンプを探しスモラバ2.7gをダイレクトに落としたところ、着底と同時にロッドティップが入りそのままオートフッキング・・・!
上がって来たのは885gのバスでした。

その後も同じエリアで別のスタンプ・ブレイク・ベイトをチェック致しましたが、何も起こらずに1本でウェイン。

検量の結果885g優勝する事が出来ました。

今回も、またまたロッドに助けられました。
使用したロッドはSPELLBOUND SBS-511SL3です。

さすがENGINEの誇るフルソリッド!
この時期のショートバイトを手元迄伝える感度はもちろん、バイト時にロッドの違和感をバスに与えないため、これからの真冬のショトバイトや数少ないバイトを確実にフッキングに持ち込める1本だと思います。

皆さんお勧めですよ〜!!

このままAOYを目指して次回1月に行われる第3戦も良い結果を皆さんに、ご報告出来るよう頑張ります。

◆使用タックル
≪スモラバ2.7g落ラバ≫
ロッド:ELLBOUND SBS-511SL3
リール:2500番
ライン:フロロ3lb
トレーラー:アライブシャット4インチ
カラー:リーンサンダー