REPORT

[テスターレポート]市村修平vol.14 Newスピニング

今回はTop50第1戦 早明浦湖にてメインロッドになったロッド2本です。

Top 50の試合の1週間前のマスターズ初日で獲った3キロオーバーのバス。
この魚はスペルバウンドサーキットクラススピニング(SBCS)600SLH2でミドストで釣りました。

要するに、私にとって使用頻度が高いロッドなんです。

SBCS600SL2はSBCS600SLH2の更にライトなロッドなのですが、僕にとって「リズムを変えてくれるロッド」という位置づけです。

僕は試合でSBCS600SLH2を使用していて「釣りが早くなりがち?」と感じた時、同じウェイトのジグヘッドでSBCS600SL2に変えたりします。
S600SL2は曲がりのリズムが一定を保ち易いので、ロッドが早くなっている釣りを押さえてくれるんです。

この2本のロッドは僕にとって本当に最高のロッドです。

Top 50第1戦早明浦湖でも最高のパフォーマンスでした!
このロッドのお陰で10位入賞できました。

皆様にも一度使って頂きたいです☆