REPORT

[テスターレポート]礒野恒二郎vol.19 至高のスピニングロッド

こんにちは、テスターの礒野です。
今回は新製品のスピニングロッドSBCS-600SLH2MGを紹介したいと思います。

先日参加した河口湖の試合ではスモラバのボトムステイでシャローに差してくるネイティブを狙いました。
ステイ状態では基本的にラインを緩めてあるので、バイトを取った時にはルアーを呑まれている事が多くあります。

今回もこのケースでした。
スモラバはしっかり飲み込まれていました。
もちろん飲まれていることを想定しての慎重なやり取りなのですが、ラインは2.5ポンドという細くバスの口で擦れている状態なのでリールのドラグ性能だけでは到底対処できません

この時に使用していたロッドが先日発売となったSBCS-600SLH2MGです。
写真バスを獲った時も、このロッドの性能に助けられました。

バスの突っ込みを止めるバットパワーとライトラインを切らせないその衝撃吸収力の2つを備え持つロッドは他にはありません。
この究極のバランスはフルソリッドブランクスだからこそできる、まさにカーボンフルソリッドブランクスの賜物と言えるでしょう。

スモラバは呑まれた状態でラインはボロボロでしたが、その状態でもネイティブの鋭い引きを抑え込んで、獲ることができたのです。

掛けたバスは必ずランディングする。
それを遂行できるロッドがSBCS-600SLH2MGなのです。

皆さんもこのロッドを手に取り、そして、最上クラスのフィネスを体感して下さい。