REPORT

[テスターレポート]林直樹Vol.6 6月の河口湖

こんにちは。フィールドスタッフの林直樹です。
少し時間が経ってしまいましたが6月上旬の河口湖の釣行レポートです。

当日の状況は曇りで水温19℃西風5m
大潮であったのでまずはスポーニングに上がってきているであろうメスを探す為シャローを見て回りました。湖を1周しましたが予想に反してほとんど見つけられなかったので、1段下のミドルレンジで待機している個体を狙ってみることに。

シャローフラットから続くブレイクの途中にある岩やウィードの新芽等の「コンタクトポイント」と呼ばれるスポットへリグを通してみました。

ジグヘッド→ダウンショット→スモラバ→ネコリグの順番で通していくとスモラバで1本目、続けてネコリグで2本目、次に違う角度からキャストしてコースを変えて通し3本目とワンスポットから3本連続でキャッチ!


その後も同じような場所を回りましたが何故か小さいサイズばかりだったので3時をすぎたあたりで再びシャローへ。

曇りで風が強く、バスの視認が難しい状況でした。下手に近寄ってプレッシャーをかけてしまうより、距離をとってアプローチした方がよりイージーに口を使ってくれるのでは?と思いフルキャストで届く距離まで離れてアプローチ。

シャローに点在する岩にコンタクトさせ、シェイクしながら引いてくると規模の大きな岩を通した時だけバイトが。

今回はスポーニングシーズン特有のショートバイトでしたが、スペルバウンドサーキットクラスの繊細なティップと高感度のガイドセッティングのおかげでバラシもすっぽ抜けもなく全ての魚をキャッチできました。

◆タックルデータ
ネコリグ用
ロッド:SBCS-604SL1MG
リール:12イグジスト2506
ライン:フロロ4lb
ルアー:アンクルジョッシュミート1/16ozネコリグ

スモラバ用
ロッド:SBCS-600SLH2MG
リール:12イグジスト2004
ライン:フロロ3lb
ルアー:スモラバ+アンクルジョッシュポーク

ジグヘッド用
ロッド:SBCS-600SL2MG
リール:12イグジスト2004
ライン:フロロ2.5lb
ルアー:1/32oz+ポークルアー

ダウンショット用
ロッド:SBCS-604SL1MG
リール:12イグジスト2506H
ライン:フロロ3lb
ルアー:studio100ドロップタイプカバー1/16oz+アンクルジョッシュポーク