REPORT

[トーナメントレポート]林正樹Vol.2JB霞ケ浦第3戦

こんにちは、フィールドスタッフの林 正樹です。
7月8日に開催されたJB霞ヶ浦第3戦のレポートです。

当日、北〜東寄りの風が強く、東岸で勝負しようとボートを走らせていましたが、どうしても西岸のマンメイド&浚渫が気になり90°ターンして西岸に向かいました。

到着すると予想どうり波風当たっていましたが、釣りができないほどではなかったのでドック壁からスタート。
しばらくキャストし続けるもノーバイト。

移動を決意し大山の桟橋へ。外側の柱を狙いますがノーバイト。それならと波で水面が下がった瞬間を狙って思い切りスキッピングで奥へ。

すると、待望のアタリ。

スピニングタックルで4ポンドラインだったので慎重になりつつもSBCS-604SL1MGのバットパワーを信じて単管パイプとコンクリートに擦られながら半強引に引き出すと、上がって来たのは1kgのナイスサイズ!

まだ居そうだったので擦られたラインを結び直し、違う角度から狙うと、数投したところでまたしても900g!

「もう1本・・・」心で念じながら反対側からキャスト。

すると、3本目!
サイズは少々下がって700gでしたが、1ヶ所でリミット達成。

その後アタリが遠のいたので浚渫へ。
1.5mのショルダーに1/2オンスのフットボールラバージグをキャストしていると、ラインが横に走り出し落ち着いて思い切りフッキングするも足元でジャンプ1発フックアウトしてしまいました。

その後時間ギリギリまで投げ倒しましたが入れ替えできず帰着に向かいました。

検量してみると2660g。
シングル入賞のボーダーラインと考えていた2500gを超えていたので少し安心しながら表彰式を待っていました。


写真提供NBCNEWS

結果、5位入賞!ギリギリでしたが今季2度目の表彰台に上がることができました。


写真提供NBCNEWS

◆タックルデータ
ネコリグ
ロッド:SBCS-604SL1MG
リール:イグジストスティーズ2506
ライン:フロロ4lb
フック:Studio100ワッキースタイル#4

ラバージグ
ロッド:SBC-606MH
リール:TD-Z
ライン:フロロ10lb
ルアー:手巻き自作ラバージグ1/2oz