REPORT

[トーナメントレポート]浅見Vol.10 NBC東京第5戦

皆さんこんにちは
フィールドテスターの浅見です。

8月19日に行われたNBCチャプター東京第5戦フラッターCUP(相模湖)に参加し優勝することが出来ましたので、レポート致します。

当日の相模湖の状況はまさに夏本番の超熱い日差しの中、スタートしました。
当初の予定では、この暑さで本湖のディープエリアに避難しているビックバスを朝一から狙う予定でしたが、やはりシャローマンの私にはどうしてもシャローカバーが気になり、テキサスリグでチェックするも、釣れて来るのは25cm前後の200g〜250gのバスばかりで話になりませんでした。

気持ちを切り替え、本湖のデープエリアに向かう途中、「虫パターン専用の私の木(笑)」

気になり、一号区へ向かいました。
ポイントへ近づき周りを確認すると、やはり木の真下に沈んでいる大きな石に40cm〜50cmのバスが6本ほど確認できました。
ここで揃えれば勝てると想い虫パターンを試すも、全く反応無くキャッチ出来ませんでした。

諦めシャローをチェックしていると水深1.5mの所に20cm〜25cmのニゴイの群れ(産卵?)を発見。
ふとニゴイパターンを思い出し少し沖側3mを確認するとまたまた40cm〜50cmのバスの群れをサイトで発見!!!

少し、離れたところでバスの動きを観察していると、やはり群れのニゴイに突っ込み捕食しているのを確認しました。

あとは毎年のように、ニゴイの群れの中へミニスワンプクローラーのダウンショットを入れて動かさないで待っていると・・・ニゴイが散った瞬間にラインがもの凄い勢いで走り出し、フッキングした瞬間に50UPのバスをラインブレイク・・・(残念)

再度リグり直し群れの中へキャストし待っているとまたラインがすごい勢いで走り出し、今度はしっかりフッキング!
シャローカバーへ入ろうとするバスを沖まで引きずり出し無事に45cm1400gをキャッチすることが出来ました。
同じパターンで45cm1500gを1本追加しタイムアップ。

検量の結果2本で2900g、2位に1kgの差を付け優勝することが出来ました。


※写真提供NBCNEWS

今回使用したロッドは本物のスピニングロッド、サーキットクラスSBCS-600SLH2MGでした。
シャローバスの強引な引きにも負けずに見事沖まで出す事が出来たのも、このロッドのポテンシャルのおかげでした。
感度も良く、操作性に優れバランスのとれたロッドです。
皆さんも手に取り確かめて見てはいかがでしょうか?

9月の最終戦も頑張ります。