REPORT

[テスターレポート]菅谷vol.12 津久井湖2KgUp

フィールドスタッフの菅谷です。
すっかり寒くなってきましたが、10月中旬の津久井湖釣行のレポートです。

水温22℃。上流域に多少濁りがあるもののターンオーバーも始まっておらず、全体的に水質は良く水位も比較的安定している状態が続いていました。

全体の釣果としては、小型のバスが一人2〜5本ほどで、大型のバスは1日1本出るか出ないかの状況でした。

私も数はキャッチできるものの、最近大型のバスには出会えていない状況。あえてシャローを封印しディープに的を絞り、ボトムの形状やストラクチャーを再チェックしながら丁寧にアプローチして、ビッグバスをキャッチできればと出動しました。

まず観光前のフラットエリア5〜15mを、魚探でベイトの群れを探しますが確認できず。下流の岬7〜10mをダウンショットリグでアプローチすると3〜4本バスをキャッチができましたが、20〜27cmまでとサイズが伸びません。

もう一度フラットエリアに的を絞り、4番岬から日赤下エリアを横の釣りでアプローチする作戦に切り替えました。
水深8〜12mをディープクランクでドラッキングしながらボトムノックさせていると約35cmのバスをキャッチ。同じエリアのボトムストラクチャーやブレイクを時間を掛けて細かくチェックするもノーバイト。

休憩を兼ねてドラッキングで流しているときに、気になったボトムの変化をダウンショットとテキサスリグでバーチカルにアプローチすることにしました。すると湖底に沈んだ大正橋近くのチャンネル跡と日赤側からきたブレイクが重なった所の水深12mにフォールクローのテキサスリグをフォールさせボトムを取り、リフトするとゴーン!!

即合わせると強烈な引き!必死に耐えながらキャッチしたバスは50up・2kgupの満足のいくビッグバスでした。

その後もフラットエリアの気になるポイントをバーチカルにアプローチし、2本キャッチし一日を終了しました。

私の感覚ですが、フォールクローのフォール時のアピールは弱くもなく強すぎず調度良くバスにアピールしている感じがします。これから始まる津久井湖オープンの最大の武器になるのではないかと期待しています。

11月初旬には販売店さんに並ぶと思いますので、皆さんもチェックしてみてください。

ロッド:5.6ベイトロッド(プロト)
ルアー:フォールクロー(グリパン系)
シンカー:スタジオ100バレットシンカー8.8g
ライン:サンラインFC琵琶湖スペシャル7lb