REPORT

[トーナメントレポート]丸山 NBC中部・信越チャンピオンシップ

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの丸山です。

10月14日に野尻湖で行われましたNBC中部・信越ブロックチャンピオンシップにて優勝しましたので、その時の内容を報告させていただきます。

前日プラクティスは、全体の状態を再確認すべく半日ほど魚探をかけながらほぼ湖を一周しました。
そこから得られた情報は、フラットにはワカサギ等のベイトが少なくバス自体もあまり魚探に映らない。バンク(岬や急な傾斜)では底にベイトの反応(エビと思われる)が多く、またバス自体の反応もフラットに比べて数多くみられた。

そこでバスの反応のあった水深9〜10mを中心にライトキャロとネコリグで探っていくと40cmオーバー×3と30cm×2という釣果を得ることが出来ました。

しかし野尻湖は前日釣れた場所が次の日も釣れることが少なく、風が違う方向から吹けば別の場所が良く釣れるといった現象が多々ありますので、前日の釣果は参考程度に考えて当日は臨機応変に場所を選んで釣りをしようと考えプラクティスを終えました。

当日、フライトは中間くらいでしたので、走りながら入りたいスポットが空いていれば入ろうと思いスタート。

目的の岬に先客はなく一安心。
粘れば一本は釣れる場所なので、ネコリグを投入し1時間ほど粘って1kgのスモールを釣るもその後バイトがないので移動。

前日釣れた場所を巡っていきましたが、先行者がいたり無反応だったリで、やはりかと思いましたが、諦めず11時ころに以前釣れたフラットへ移動。

ここは風裏で魚探にも特に何の反応もないので、釣りをしている人はほとんどいませんでした。

私自身も以前釣れたという実績のみで、特に根拠もなく半信半疑でしたが過去の実績を信じネコリグを投入。
ゆっくりシェイクしながらズル引きしていると5分ほどで待望のバイト!
慎重にやり取りし上がってきたのが950gのナイススモール。

その後、同様に繰り返し990g・1100gと追加し入れ替えにも成功。この間1時間ほどでほぼ完ぺきともいえるウエイトを収めることが出来ました。

しかし、今年の野尻湖は毎回ビックウェイトが出ていたので、まだまだ安心できないと思い釣りを続けましたがその後はバイトなく終了。

これで、勝てなければ仕方ないと思いウェンインしましたが、意外に釣れていない状況で結果2位に800gほどの差をつけての優勝となりました。

今回活躍してくれたロッドはSBCS-600SL2MG。
カーボンフルソリッドですので、掛けた後、スモールの突っ込みにも粘りのありロッドワークでバラシを軽減してくれます。
今回のトーナメントも貴重な4本のスモールをミスなくキャッチできたのもこのロッドのおかげなのです。