REPORT

[テスターレポート]丸山知幸Vol.13 お気に入りの1本

皆さんこんにちはフィールドスタッフの丸山です。

4月に入り、いよいよバスフィッシングシーズンインとなってまいりましたね!

さて、今回は自分のお気に入りロッドのうちの1本を紹介させていただきます。

それはズバリ、スペルバウンドシリーズSBC-606Mです。

このロッドは私個人の使用感では巻物(ファーストムービング系)のルアーを手返し良く打ち返していくのに非常に使い勝手のいいロッドです。

先シーズンのTOP50にて霞ヶ浦水系のトーナメントが2試合ありましたが、プラクティス・試合において3/8ozクラスのスピナーベイトやヴィズラ等のクランクベイトをアシ際やストラクチャー際すれすれにきれいにキャストでき、かつ手返し良くバンバン打ちこんでいき、広いフィールドにおいてバスの居場所をいち早く見つけるのに非常に重宝します。

私にとってこのロッドは長さ重さのバランス、キャスト時のロッドの曲がり具合等、まさに巻物専用ロッドとして常に手元に置きたい一本となっております。

これからのシーズンはスポーニングを意識したバスの動きを考えるのはもちろんですが、気温の上昇とともに水温も変化します。その変化に伴い秋ほどではないにしろターンオーバーが起こり風も強く吹く時期ですので濁りが発生するフィールドが多くなります。
そんなときにSBC-606Mヴィズラを持って出かけましょう。

巻物の季節は秋だけではありませんよ!

推奨タックルセッティング
ロッド:SBC-606M
ライン:フロロ12lb又はナイロン14lb
ルアー:クランク ヴィズラ
スピナーベイト ダブルウィロー3/8oz