REPORT

[テスターレポート]菅谷vol.16 Zansinコンプリートモデル

 
フィールドテスターの菅谷です。
私のメインフィールドである津久井湖・相模湖エリアでは水温・水位共に安定しており、バスのスポーニングも順調に進んでいるようで大型のバスもキャッチされており、釣果も悪くない状況が続いております。

でも、キャッチしたわけではないのですが、何年かこの時期になると、同じポイントで60UPのバスを目撃していますが、今年はまだ出会えていないのがちょっと残念です。

今回は発売されたZansinハンドルのコンプリートモデルのレポートをします。
このコンプリートモデルは、Zansinハンドルの制作コンセプトである軽さ(感度)・強度・デザイン性(個性)・低価格を兼ね備えたスペシャルモデルです。

通常発売されているZansinハンドルは使用されているリールのノーマルノブを移植するタイプでしたが、コンプリートモデルは軽さ(感度)を追求するためカーボンノブを採用しています。

キャストでロッドを振りおろす時に、スプールの回転に悪影響を及ぼす力が発生するのですが、ハンドル全体を軽くすることにより軽減することができます。つまり軽いルアーのロングキャストがしやすくなります

リーリング時には異次元的な軽さの巻き心地でルアーがもたらす情報をZansinハンドルに強く伝えてくれます。
ハンドル本体は今まで通りアルミを採用。硬く変形しにくいので強くリールを巻くときなど、ハンドル本体に強い力がかかっても、内側にたわむことがないので効率よくハンドルに力を伝達できます

デザインもノブはカーボンパターン・ノブキャップは本体と同色センターナット(右・左)付きと見た目にもカッコよく仕上がっています。また今回は以前から発売されているカラーにプラスして、ブラックが限定でラインナップされました。価格も13500円とお求めやすい価格だと思いますので、ぜひZansinハンドルコンプリートモデルを使ってみてください。

ハンドル本体+ノブポスト2本+リテーナー+カーボンノブ2個+ベアリング4個+ビス5本 合計重量はなんと19g!!
もしかして・・・業界最軽量・・?