REPORT

[テスターレポート]丸山知幸Vol.15 春爆

皆さんこんにちはフィールドスタッフの丸山です。
事情により遅くなりましたが5月後半に遭遇した春爆のレポートです。

*現在スモールのネストがありますがそういったネストのオスを狙うのではなくスモールは、アフターもしくは一度産卵を終えて2度目の準備段階の半プリ状態のメス。ラージはプリのメス。ラージ・スモール共にメスのみにターゲットを絞って釣りをしています。

釣り方は産卵場所になるフラットの変化(岬・ブレイク・ハードボトム)2〜3mを中心にネコリグをゆっくりシェイクしながらダウンヒル。

スモールの場合アフターのメスの回復は早く、卵を産んだ後さほど移動せず2回目の産卵に備えて餌を食べるもの、そのまま餌を食べながら徐々に深場へ行ったり自分の好きなシャローにとどまったりと、大きく分けて2種類に分かれます。

釣行当日はネストが出来て間もない状態でしたので、間違いなくメスバスは大きくは移動していないことが分かります。また、少ないですがまだ卵を産んでいないプリのメスも同じレンジで混ざっていることも考えられます。

つまり、アフター・半プリ・プリの3種類のメスバスを狙うことが出来ます。

今回のラージは、まだ産卵直前だったようで、釣れた魚は全てプリのお腹がパンパンのナイスコンディションのバスでした。

ラージの釣り方の考え方としては、産卵1カ月ほど前から産卵場所一歩手前のカバーや変化についてることが多く、1か月前の状態ではスクールでそういった場所を中心に泳いでいるのを目視できます。そういった場所を覚えておいてタイミングのいい時(気象や風・時間)にブラインドで狙います。今回はほぼ一か所でラージもスモールも連発しましたので、良い条件の場所というのはラージもスモールも共通点があるということになります。

短時間で連発したので、ガイド宣伝用写真を撮るためにキープさせてもらいました。
通常トーナメント以外のガイドやプライベートではキープはしていませんのであしからず。

50.5cm2000g腹パンパンのプリメス

今回最大魚52cm2400gこちらも腹パンパン。



3本とも重量感たっぷりのプリメス

1250g

尾びれがきれいで、健康的な体形がメスの証。

1400g

こちらも綺麗な体形です。

スモールを交えてのミックスバックですが

5本で約8750g

驚異のウェイトです!!

正直言ってネストを狙っていてはこのウェイトは絶対に出せないウェイトだと断言できます。

皆さんもネストを守っているオスはそっと通り過ぎて、少し難しいですが元気なメスバスを狙ってみてください。

きっと、今まで以上の感動に出会えると思います。

ストレートワーム+エンジン・ネイルシンカー1/32ozネコリグ

釣り方はゆっくりシェイクのダウンヒル

ロッド:エンジンサーキットクラス

SBCS-600SLH2MG