REPORT

[トーナメントレポート]浅見Vol.13 H-1GP第4戦

皆さんこんにちは!!
フィールドスタッフの浅見克美です。

今回は、7月28日(日)に開催された、今話題のハードルアーオンリートーナメント「H-1グランプリ」2013第4戦in相模湖へ参戦した際のレポートです。

この、H-1グランプリは関東圏内の5ヶ所のフィールドをトレイルし、年間成績上位25名がチャンピオンを決めるマスターCUPに進め、年間優勝者にはアメリカバスフィッシングツアーが贈られるとても熱いハイレベルなトーナメントです。

このトーナメントはリミット3本、キーパサイズ無しと、参加者全ての方が楽しめる大会です。

さて、大盛り上がりの開会式も終り、いよいよスタート!!

まず一番最初に入ったエリアは『あげさわワンド』
ルアーはバズベイトを選択し流しましたが反応ナシ。
このワンドはバスのストック量も多く、サイトでもバスを確認出来る場所ですがバスを確認することは出来ませんでした。

この時点で前日に降ったゲリラ豪雨の影響でバスのレンジが下がっていると思い、場所を『勝瀬橋』へ移動。

魚探で6〜10mを確認すると、とても良いベイトの反応。
ルアーをメタルジグに変え、シューティングで狙うも反応ナシ。
魚探の反応からミドル〜ディープを諦める事が出来ません。

縦の動きではなく、横の動きへの反応を試すため、エリアを近くの『馬の背』へ移動。
ルアーをマッドペッパーマグナムに変更し5m〜8mをドラッキングしているとバイト!!!

上って来たのは、46cm1260gのナイスサイズでした。

その後、何度かコースを変えドラッキングしましたがバイトが無い為、移動。

次に入ったエリアは公園前の5m〜8mのフラット。
この場所も魚探の反応は良く、早速ドラッキングを開始!
すると2往復目でバイト・・・!

上って来たのは600g前後のバスでした。

その後ドラッキングエリアを数か所回りましたが、追加することが出来ませんでした。
最後の1本を取る為に『青田ワンド』へ移動し、ルアーはジェットプロップ65(ゴーストパールアユ)へ変更!

最後に追加したのは20cm200g
キーパーサイズがないため何とかリミット達成!!
(なんと言っても、もの凄い集魚力の為、1時間の間に10cm〜20cmを20〜30匹釣りました)

その後、時間も無くなり会場の日相園に戻り検量の結果3本で2060gで優勝できました。

今回のトーナメントでは多くの方がジェットプロップを使用していました。
いろいろな方に『ジェットプロップやばいね!』『ジェットプロップなら誰でも釣れるね!』などの嬉しいコメントをたくさん戴きました。

以前もレポートしましたが、キャスト後、ただ巻きでつれてしまうルアーです。
現在の相模湖であれば、初心者アングラーや女性や子供達でも、多くのバスをキャッチ出来るルアーですので、是非お試し下さい。

ちなみに、私の相模湖お勧めカラーは!!!

ゴーストパールアユ / コッパーシャッド / フラッシュワカサギですよ〜!

是非、皆さんもジェットプロップで多くのバスをキャッチして下さい。

◆使用タックル◆
≪マッドペッパーマグナム≫
ロッド:スペルバウンドSBC-606M
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:10lb

≪ジェットプロップ≫
ロッド:サーキットクラスSBCC-602SL1MG
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:8lb