REPORT

[トーナメントレポート]林直樹 JBマスターズ第3戦シマノCUP

7月27、28日に河口湖で行われたJBマスターズ第3戦シマノCUPに参加してきました。

得意の夏の河口湖開催ということで前週4日間プリプラに入りました。
減水の影響なのか、ベイトに付いて回遊しているバスがほとんどおらずキーパー獲りはウィードの中、いいサイズは岬絡みの岩に単発で回ってくる事を確認してプリプラを終了しました。

前日はどれだけ状況が変わっているかを見るため全域を回り、ほとんど変わっていない事を確認した後は他の選手の動きを見て早めに上がりました。

初日は第2フライトだったので本命エリアに入れない可能性がありましたが、とりあえず向かってみるとやっぱり先行者がいたのでキーパー場所としていた鵜の東に入りました。

ところが1投目からキーパーがきて9:30までにリミット達成したのは良かったのですが、その中の1匹が弱っていたので仕方なく放流。

「また釣ればいいや」なんて考えながら釣っていましたが、その後は全くのノーバイトで結局4本のまま帰着するはめになってしまいました。

予想通りあんまり釣れておらず何とか9位で初日を終えました。

2日目も第2フライトで昨日の場所に入れるか分からなかったが、向かってみると誰も入っていなかったので安心して開始しました。

さすがに2日目となると1投目からはきませんでしたが早い時間にとりあえず1本目をキャッチ。しかし後が続かなかったので昨日とは逆の方向へキャストしてみると30分に2匹ペースで釣れてやっぱり9:30でリミット達成。

1時間程バイトがなかったので各所回ってみましたが1回バイトがあっただけで結局朝の5匹で終了しました。

2500g位かな〜なんて思って検量してみると予想以上にウェイトがあり3300gで2日目のトップウェイトでした。

「これで勝てなきゃしょうがない」とは思っていましたが、2位で呼ばれてしかも2ポイント差と聞いた時はガックリしてしまい思わず「悔しい〜!」って叫びながら壇上へ上がりました。

※写真提供NBCNEWS

今回メインに使用していたロッドスペルバウンドサーキットクラスSBCS-600SLH2MGはスモラバのみならず1/16oz前後のリグ全般を扱うのに最高のロッドです!

使用タックル
ロッド:スペルバウンドサーキットクラスSBCS-600SLH2MG
リグ:1/16ozスモラバ+アンクルジョッシュキッカーフロッグ
リール:スティーズ2004
ライン:フロロ3lb