REPORT

[テスターレポート]菅谷vol.22 3月亀山湖釣行レポート

今回はホームレイクの津久井湖ではなく、企画で三日間亀山ダムに行ってきましたので、レポートします。

私の印象では釣れる湖の代表格の亀山ダム、しかし3月は厳しい状況でした。
一日目は雨で息が白くなるほど寒く、二日目は平日にもかかわらず週末に大会があるらしく、
練習する人も多く、ハイプレッシャーな状況でした。
三日目は強風で船の操船もままならない状況と本当に厳しい三日間でした。

そんな中、私の最大の武器となってくれたタックルは、
ヴェルトロミノー65DFとスペルバウンドSBS-604SL2、このベストマッチのタックルでした。

色々なシルエットのミノーやシャッドを用意し、同じポイントでローテーションしましたが、
65DFだけにバスがバイトしてきました。

また、小口径ガイドではないため、ロングキャストが得意なSBS-604SL2
ただ巻きするので、乗りが良いのも大きな力になってくれました。

ポイントは水質が良くない川筋の上流部ではなく、目で見える周りの地形や魚探で確認できる
湖のボトムから風や時間帯でバスがシャローに指してきそうな場所を想像し、2mよりも浅い水深をただ巻きで、
65DFをボトムノックさせながらアプローチしました。

また、時間を変え、同じポイントに何度も入り直したりもしました。

50UP近いバスをばらすなど悔しい思いもしましたが、結果満足のいく釣果を得られることができました。
この様子は皆さんにも見ていただける機会があると思いますので、楽しみにしていてください。