REPORT

[トーナメントレポート]市村修平 JB TOP50第一戦 遠賀川

こんにちは、ENGINE PRO STAFF 市村です。
JB TOP50第1戦遠賀川 戦のレポートです。

遠賀川戦のプリプラクティスは珍しく 魚探がけ作業はあまりせずに釣り方を探すことに集中しました。
魚探がけ作業は以前のプラクティスで嫌になるくらいしていたので。

プリプラクティスの感覚はベイトについてバスが移動している感覚。簡単に言うと、良いポイントにバスは居るけど、ベイトが絡まないと喰わないイメージです。

試合前日の直前プラクティスではプリプラクティスの状況と直前の状況判断から、浅いレンジ3メートル以内に絞り込み、最悪深くても5メートルまでと決めました。

沖のハンプも気になるが? ポイントが狭く、粘る勇気が無かったので、修平的にはパスって感じでした。

大会初日、 フライト順も良くデットスローで下流に向かい、思っていたピンスポットに入れて一安心したものの、まあバイトが遠い。。。。。。

ネコリグ、ダウンショット、フットボールを風の具合を考えながらピンスポットにダイレクトで入れたり、流しながら入れたりしながらローテーションしていました。

ルアーを何も動かさない方がプラクティスからバイトが多かったので、自分を信じ、極力動かさない感じのイメージでズル引きやシェイクを繰り返し何とか1本。

その後粘るも ギル ナマズ ノンキーが続き、限界を感じたのと、昼からの光量でシャローの2メートル以内にボートポジションをシフトしました。

直ぐに答えがあり1本。それならとそのまま上流を目指したものの、他の選手とバッティング。その為、上流域から少し下流に向かい流れが寄れるポイントに差してくる個体狙いに変更。

同じ場所でアプローチの角度を変えまくり更に1本追加。

結果 初日3匹 1,650gで18位

2日目は終了30分前に上流域をネコリグで1本 650gで予選を21位でなんとか通過。

最終日決勝はキーパーギリギリを釣っても意味がないと自分に言い聞かせ春の特長を引き出し、機能しなくなったポイントがあるという事は魚の動きがあったか進行系だと判断して巻き展開を開始!狙うは シャローのみ? ☆

6? シャッドで1本

市村修平激愛するビックミノーでキッカーの1本で単日2位の成績。

トータル 11位でフィッシュ☆

会場や 遠賀川沿いに観戦に来てくれる方々バスを釣りあげると 拍手してくれた皆様

お土産を 下さった方などキリがない。。。。。本当に涙が出るほどに感謝し 嬉しく 思います。

ウエインには 会場がいっぱいになる程の人もいて、九州 遠賀川の熱さは やっぱり凄い☆
また練習して試合したくなるフィールドですね。

でっ また直ぐ試合なので休む暇なくプラクティスです

次回の北浦で お立ち台に立てれる様に準備します☆

ダウンショット用
ロッド スペルバウンドプロト511
リール 2500番
ライン フロロ4ポンド
ルアー ストレートワーム 3、5インチ

ネコリグ用
ロッド スペルバウンド 600SLH2
リール 2000番
ライン フロロ3ポンド
ワーム ストレートワーム 4インチ

6センチシャッド用?
ロッド スペルバウンドベイトフィネスプロト
エンジンベイトフィネスリールKTF
ライン フロロ6ポンド
ルアー 6センチシャッド カラー:タイガー

ビックミノー用
ロッド スペルバウンド  606MH
リール ベイトリール
ライン フロロカーボン 10ポンド
ルアー 市村修平激愛するミノー