REPORT

【トーナメントレポート】林直樹 2015年JBマスターズ第4戦 野尻湖(最終戦)

皆さんこんにちは。フィールドテスター林直樹です。

 

92627日に開催されたJB マスターズ第4戦(長野県野尻湖)に参加してきました。

その報告をしたいと思います。

 

前週のプリプラでディプは数こそ釣れるもののサイズが良くなく600g止まりであまり期待出来ない感じでした。

 

前日プラでも一応ディプをチェックしてみましたがやはりサイズがいまいちで状況は変わっていない様子でした。

シャロでワカサギにボイルしているのを何回か見ていたのでプラ終了間際にシャロをチェックしに行くとなんと1投目で1500gクラスが掛かったので釣り上げずにプラ終了。

 

初日まずは昨日デカいバスをかけた場所からスタート。

同じ場所からはバスの反応がなく、シャロを見ながら流して行くと1kg 位のバス発見!

間合いをとりキャストするも簡単には食ってくれず、手を変え品を変えようやくバイトに持ち込みましたが痛恨のラインブレイク

気を取り直し近くにいたもう1匹、こっちも1kgクラスで比較的イにバイトしましたが今度は食いが浅かったらしくファイト中にバラしてしまいました。

そのまた近くに同サイズがいて1投で食わせましたがまたしてもバラしてしまいました。

朝一に3連続3kgバラすと流石に落ち込んでしまったので、気持ちを切り換える為に移動しました。

ここもシャロにワカサギが回って来る場所なので目に見える底質の変化や沈み物を打っていきました。

1投目で400g位をキャッチして一安心。

そのまま流して行くと軽く1kg のバス発見!

止まると逃げてしまうのでそのまま通り過ぎてバスの近くにあった底質変化へキャスト。さっきは2lb で切られたので2.5lb ラインのタックルにチェンジして少し距離をとる

ルアーが変化に差し掛かった所でバイトがあり良く食い込ませてからフッキング。

5分位掛けてネットインしたバスは1300g

大分落ち着きを取り戻しシャロを打ち続けて行くと600g位がきて2kg を超えたので明日の為に各所のシャロを見に行きバスを掛けた2か所以外は反応が無かった事で明日もこの2か所で勝負する事に決めて帰着しました。

半数近くがノフィッシュの状況で5で初日を折り返しました。

 

2日目も昨日と同じ場所にミスった魚が居てくれる事を願いながら向かうと3匹共無事に残っていてくれたので「あとは釣るだけ

しかし昨日プレッシャーをかけているのでそう簡単には食ってくれず少々焦り気味になったところでリヴィングストレート3.8をキャストすると一発でバイト!

ラインを太くしたとはいえ2.5lb なので無理をせず慎重にやりとりして1kg をキャッチ。

なんだかんだで50m位走られ、元の場所へ戻ってみると残りの2匹が行方不明

そのうち戻って来るだろうと昨日3匹釣ったエリアへ移動。

風が当たっていて良く見えなかったので速めに流して行きましたが無反応だった為朝一の場所へ。

戻ってビックリさっきよりデカい1500g位のが入ってきており、1回バイトさせるも食いが浅くすっぽ抜け

思い付く手を尽くしましたが最後まで食わせる事が出来ずに帰着となってしまいました。

2日目もあまり釣れておらず7位入賞出来ました。

 144325563951120150927_154230_resized

今回は野尻湖では初めてシャロメインの試合展開でしたがディプが良くない状況であればかなりリスキーではあるがシャロでも勝負できる事に気付かされ、また1つ戦略が増えたので来年が楽しみです

 

使用タックル

ロッド:SBCS – 600SL2MG

ル:スピニング2004

ライン:フロロ2lb 2.5lb

リグ:リヴィングストレート3.8+S100ネイルシンカー1/32oz