REPORT

【スタッフレポート】丸山知幸vol.34 シーズン前の準備!

皆さんこんにちは。 フィールドスタッフの丸山です。

今年は暖冬傾向ということで春は早く来ると思っておりましたが、私の住む長野県北部はいまだに寒い日が続くことがあります。

さて、今シーズンもスタートといった時期になってきましたが、釣りに行く前にしなきゃいけないことといえば・・・入念な準備です。

私を含めたトーナメンターは特にこの「準備」というものが成績に直結しますので、準備に時間を費やします。

ガイドをしていて最近感じることなのですが、この準備をしていない方・または準備の仕方を知らない方をたまにお見掛けいたしますので、今回は準備の一つであるネコリグの私なりの準備の仕方をご紹介させていただきます。

まず、用意していただくものは

1、ワーム エンジンでいえばリヴィングストレートフォールクローラー

2、ネイルシンカー エンジンStudio100

3、ワーム用の伸縮チューブ

4、ハサミ

5、ライター

以上の5点。

まずは伸縮チューブを適度な長さにカットします。

写真1

次にリヴィングストレートの頭のほうから入れ、鉢巻きのある部分で止めます。

そこをライターであぶってチューブを縮めます。

写真2

シンカーを頭のほうから差し込みます。このときリヴィングストレートは下側にリブがありますので、少し上を意識して差し込んでいくとワームが裂けることはありません。

写真3

シンカーを入れてそのままにしておくと、釣りをしてる時に、シンカーだけなくなることがありますので、ここもライターであぶって閉じます。

写真4

これで、ネコリグ用のワームが完成します。

写真5

この準備をしておくことで、ワームがなくなったり使用できなくなってもすぐに予備を使用して釣りが再開でき時間短縮になります。

ワームをロストしてからこの作業を現場で行っているとそれだけ時間を無駄に消費し、釣れている時は地合いも逃してしまうことになります。

伸縮チューブの装着は面倒に思う方もいらっしゃると思いますが、これをしておくことでワームをロストすることが激減し、時間短縮&環境保護の役目も担っております。

これからの本格的なシーズンを迎える前にエンジン製品でネコリグの準備をしていただき、快適なフィッシングタイムを過ごせるようにしていただければと思います。