REPORT

【スタッフレポート】丸山知幸 vol.33 2015年活躍の野尻湖タックル

明けましておめでとうございます。丸山です。

新年と言うことで、今回は昨年2015年シーズンに活躍してくれたアイテムを紹介したいと思います。

 

野尻湖でスモールを狙うに当たって基本的なのはライトリグです。

しかし、私のここ数年のスタイルは「ストロングに楽しむ」

というスタイルで釣りを しています。

野尻湖でのストロングスタイルの代表と言えばラバージグ!

ラバージグが一般的に楽しめる時期はアフタースポーンの時期から初秋と私は思って います。

特に今年は真夏にジグの反応がすこぶる良かった。つまり狙って獲れる状態でした。


そんな時に活躍してくれたアイテムがスペルバウンドSBC-610MHフォールクロー3.5in(スカッパノ ン・シナモンペッパーブルーフレーク

写真1

フォールクローの爪がアピールしながら落ちていき、ボトムについてもゆらゆらとし スモールをさそってくれます。

そしてSBC-610MHの張りのあるブランクスがディープでのバイトでもしっかり フッキングに持ち込んでくれます。

写真2

 

今シーズンはこの釣りで40UPを40本ほど仕留めました!

ガイドではお客様にも 釣って頂いているので、船中ではもっと水揚げしていますね!!

 

 今シーズンもラバージグの釣りが楽しみで仕方ありません。 皆さんも野尻湖に行く際はエンジンタックルでストロングに攻めてみてはいかがで しょうか。