REPORT

【スタッフレポート】金田 修一vol.2 「6月の相模湖×フォールクローラー3」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフ金田です。

少し前になりますが、6月3日、相模湖に行きました。

 

今の相模湖の状況はスポーニングもひと段落して、アフター回復系のバスが積極的にベイトを追っているが、そのベイトにしっかり大きさと動きを合わせないとなかなかルアーに反応してくれません…。

アフター回復のバスが積極的にボイルしている小規模ワンドの小さなレイダウン

image1

そこに黒い魚体を発見して運が良い事に風もあたってたので、

フォールクローラー3インチのAOYシュリンプのノーシンカーをゆっくりナチュラルドリフトさせると強烈バイトが!!

約5分程ファイトしたあと上がってきたのが‼

image2

55センチのビックバス‼︎

ラインが3ポンドでもしっかりバスの動きを止めてくれる

スペルバウンドサーキットクラスSLH2 驚愕のパワー!

フィールドスタッフの浅見さんもフォールクローラーで先日55センチを釣っており、フォールクローラーのポテンシャルがヤバすぎます‼

ベイト画像

この様なベイトが現在相模湖のメインベイトで、それにベストなワームがフォールクローラー3インチですので、かなりオススメです!

ちなみにフォールクローラーのI字引きの際、魚が興味を持って見に来た時に、一定に巻いていたリールを約1回転速く巻いてみてください!

ボディーは動かずにテールリブがブルっと振動しクレバーなバスにスイッチを入れてくれます!

その時の魚とルアーの距離は一概に言えないので、皆さん楽しみながら練習してみてください!

これからハイシーズンのバスフィッシング!

エンジン全開で頑張っていきましょう