REPORT

【スタッフレポート】磯野恒二郎vol.44 「エンジン ニューアイテムの紹介」

皆さん、こんにちは!フィールドスタッフの礒野です。

今回はニューアイテムの紹介をしたいと思います。

ドカットや脚立用に開発されたマルチクッションを自分のボートアイテムにも装着してみました。

マルチクッション1

アルミVハルボートのライブウェル兼ボート走行時のイスになっているボックスに装着!ボックスの上部フタのハンドルにマジックテープ付のバンドで固定。これで走行中もお尻が痛くなりません。

 

マルチクッション2

湖上で強風時にクッションを飛ばされたことがありましたが、しっかり取り付けられているので飛ばされる心配もありません。

 

マルチクッション3

ジョンボートでイスも兼ねて使っている高さのあるクーラーに装着!こちらはクーラーのハンドルに締付具のバンドで固定。

 

プレッシャーの高いクリアレイクではクーラーなどに座り、体勢を低くした方が釣れるということが結構ありますが、マルチクッションがあれば長い時間座っていても、快適に釣りが出来ますね。

マルチクッション4

脚立も締付具のバンドで装着!こちらはかなりガッチリと固定できます。

 

縦方向、横方向のどちらからも装着できるようになっていて、ひとつはバンド締付具、もうひとつはマジックテープという2パターンの取付バンドで構成されています。レンタルボートだったり、パントやジョンボート、そしてチラーハンドルのボートのユーザーにはオススメのマルチクッションです。装着する物、装着方法を選ばない、まさにマルチなクッションですね。

 

システムケース1

こちらはEVAシステムケース。正方形のものが多いですが、止水ファスナーという利便性を備えて長方形で登場!

システムケース2

画像はSサイズですが、エンジンのワームパックなら30パックは収納可能。ワームをセレクトしてフィールドに持って行ったり、ボートに積み込むにはベストなサイズになっています。Lサイズはさらに大きくなり、釣りグッズの他にタオルやサングラス、または船検書などの書類をしまっておくのにもいいでしょう。使い方はあなた次第、無限大ですね。

 

こんなアイテム欲しかった!的なアイデア満載のエンジンアイテムをよろしくお願いします。