REPORT

【スタッフレポート】廣瀬佑太朗 vol.39 「夏の霞ヶ浦水系オカッパリ&ボート編」

ENGINE WEBをご覧のみなさんこんにちは。

フィールドモニターの廣瀬祐太朗です。

 

各地で猛暑を記録し暑い日が続いています。

沖にいるワカサギの群れが沖から岸へと逃げ込んだタイミングでバスにスイッチが入り食い気が上がる時があります。

おかっぱりでは朝夕のフィーディングの時間帯はワカサギ食いのバスを狙ってハードベイトで探っていくのがベストだと思います。

そんな時はストライクセッターヴィズラがおススメです。

霞ヶ浦水系の護岸際はハードボトムが基本的に多く場所によっては自転車などのハードストラクチャーがあることが多く根掛りも頻繁に起こります。

しかしこのヴィズラはストラクチャーへの回避能力がとても高いので安心して巻くことができます。

現にこのバスを釣った護岸際もゴロタ捨て網などが沈んでいるんですがしっかりと回避してくれロストはゼロ

003

最高にいい仕事をしてくれました。

 

 

ボートフィッシングでは常に流れが発生している流入河川系は真夏には絶対外せないシュチュエーションになります。

流れが当たるカバーをスイミングで仕留めた一匹

006

通年を通してやっぱりフォールクローラー5のネコリグは自分は絶対に手放せない武器です。

007

タックルデータ

 

ヴィズラ

スペルバウンドSBCC-608M1

ベイトリール(ローギア)

フロロ12ポンド

 

フォールクローラー5

スペルバウンドSBCC-608T2

ベイトリール(ハイギア)

フロロ10ポンド