REPORT

【スタッフレポート】 山崎 幸太 vol.2 「ザキヤマセレクト!遠賀川にオススメのスペルバウンドコアシリーズ!!」

こんにちは、ENGINEフィールドスタッフの「ザキヤマ君」こと山崎幸太です!

今回はこの時期の遠賀川にオススメのロッド2本をご紹介します。

 

 

まず1本目は、スペルバウンドコアSCC-69L+-ST!

 

このベイトロッドは遠賀川特有の沖の地形変化である、リップラップハンプ水中堤防ネコリグなどのライトリグで、丁寧かつ広範囲に釣るのに適しています。

非常にソフトなソリッドティップにより、障害物にわざと引っ掛けたり外したりが簡単に操作できて、リアクションバイトを誘発

 

バイトの瞬間は強いベリーで瞬間的に掛ける事が可能です。

6ft9inという長さもちょうど良く、強い流れの中でもラインメンディングがしやすいレングスになっています。

 

ちなみにネコリグで使用するフックは、スーペリオCNフックを愛用しています。

CNフックはカバー専用と思われがちですが、重めのネコリグボトムの地形変化をわざと引っ掛けながら釣るのにも非常に適しており、

根掛かりの心配が少ないので、障害物をじっくり探る事ができます。

 

 

太軸設計ながら刺さりが抜群に良いので、SCC-69L+-STのようなライトアクションのロッドでも、簡単にバスの固い顎貫通させる事ができます。

遠賀川のような都市型河川の場合、タイミングによってはバスが流れを嫌う事があり、そんな時は沖の地形変化の流れがあたらない側をライトリグで

丁寧に探ると良いケースがありますので、是非お試しください。

 

2本目はスペルバウンドコアSCC-66-1/2MH-STです。

こちらもソリッドティップのファーストテーパーのベイトロッドですが、ティップはMLバットはMHという非常に尖った性能を持っています。

 

こう書くと使い方が難しいと思われ勝ちですが、実は逆で、MHパワーの強いロッドなのに、ティップの柔らかさで軽いルアーも楽に飛ばせる

非常に汎用性の高いロッドなのです。

遠賀川では主にカバー消波ブロックで使用しますが、重めのテキサスリグをカバーの奥にストンと落とし込んだり小さいワームのノーシンカーリグを

カバーの手前にフワッと落としたりが、このロッド1本で完結します。

 

ソフトなティップワームを繊細に操作する事ができ、バスが違和感を感じる前に、強いベリーとガチガチなバットで瞬間的にフッキングが可能

50を越えるサイズでもカバーから引き出す事ができます

この時期は手長エビがメインベイトになるので、流れの当たる張り出したカバーやゴロタ石エリアで、ノーシンカーワームなどをフワッとフォールさせる

釣りが有効となります。

 

さらに、今年発売予定のENGINEスーペリオCOフックを使用すると、アイに施されたスリットのおかげで、ワームの姿勢が安定して綺麗に

フォールし、この釣りの弱点である糸よれも発生しにくくなります

COフックが発売されましたら、是非お試しください。

 

これからサマーパターンに季節が移行するなかで、今は流れが当たった方が良いのか、または逆なのかを意識して、上記のようなロッドとリグ、

シチュエーションを使い分ける事で、より魚に近づけると思います。

 

また、これからの時期は熱中症予防の為にも、ネックガード必需品です。

ENGINEのUVプロテクター紫外線をしっかりカットしてくれるのに、非常に薄手なので息苦しさが無く、快適に夏を過ごす事ができます。

 

 

皆さんもこれからのサマーゲームを思い切り楽しんで下さい。

 

では!