REPORT

【スタッフレポート】丸山知幸 「梅雨時期の野尻湖報告」

皆さんこんにちは。

フィールドスタッフの丸山です。

 

梅雨時期の野尻湖の近況をレポートさせて頂きます。

 

昨年から全国的に普及したフリーリグ

 

野尻湖も例外なく流行りました。

 

そして今年もアフタースポーン時期から釣れ始めました。

 

使い方はシンプルでキャスト後フリーで着底。ここでバイトがあればそのままフッキング。

 

バイトがなければリフト&フォールで誘っていきます。

 

 

リグですが、シンカーはS100タングステンドロップショットシンカータイプカバーリング3/8oz

ワームはフォールクロー3.5 カラーはライムチャートが最近のお気に入り!

ここで私なりのワンポイントがフォールクローの爪をカールしている部分で縦に切って抵抗を減らし微振動で誘うというもの。

結果が出ているのでこれは試す価値ありですよ!

 

ロッドはリフトとフッキングのストロークがほしいのでSBC-610MH

 

はまっている時はライトリグよりテンポが速いので見切りも早く、サクサク釣って数も伸ばせます!

夏休みくらいまでは効くと思いますので、皆さんも使ってみて下さい。

 

参照タックル

 

ロッド:SBC-610MH

ワーム:フォールクロー3.5

シンカー:タングステンドロップショットシンカータイプカバーリング3/8oz

ライン12ポンド