REPORT

【スタッフレポート】林 正樹 vol.36 「JBⅡ霞ケ浦 第2戦報告」

こんにちは林 正樹です。

 

6/29に行われたJBⅡ霞ヶ浦にて入賞しましたのでレポートします。

 

当日は梅雨時期真っ盛りの雨予報。

 

あまり遠出をせずに本湖東岸をメインで狙うことに決め、水門回りからスタート。

一通り流してみるもノーバイト。

 

移動ついでに沖のブレイクを軽く狙ってみると、直樹の巻いていたシャッドのラインに何やら白い塊が・・・

 

 

手に取ってよく見てみるとイサザがきれいにラインに整列していました。

 

 

これは沖目もありかな?と、ネコリグをキャストしていると、突然引っ張られるようなバイトが!

 

慌ててあわせるも食いが浅いようでフックオフ・・・

 

しばらく同じレンジを狙ってみますがノーバイト。次のエリアへ。

 

 

少し上流の水門+ジャカゴという良さげなシチュエーション。

あらゆる角度から狙いますが反応はなし。

付近の杭を流しつつエレキで小移動しながら近くの桟橋へ。

 

ここでも反応はなく、移動しようかと離れ際にキャストしたネコリグに小さなバイトが!

 

すかさずフッキング!

 

今度はバッチリ決まりました。

 

待望のファーストフィッシュは白っぽい魚体の1kg程のナイスフィッシュでした。

数投キャストした後、向かっていたドック&テトラに行きますが何も起こらず・・・

 

 

直樹の「小高でも行く?」の言葉に時計を見るとまだ10:30。時間はまだまだあります。

向かってみると空いていました。

さっそく流して行きますが1巡目反応なし。

 

2巡目突入、さらに丁寧にタイトに落としていくと「食った♪」との声が!

600gほどの貴重なキーパーでした。

 

あと1本。

 

いろいろ会話しながら周辺のジャカゴ狙ったり、壁狙ったり・・・

30分ほど経過したころまたしても直樹の「食ったよ~♪」のフッキング!

 

今度はさっきとは明らかに違うロッドの曲がり方!

 

やっと姿を見せたバスに二人そろって「デカい!」

 

時間をかけてきっちりネットインしたバスは1500gはありそうな見事なバスでした。

これでリミットメイク達成。

 

やっとおにぎり食べれますなと、頬張りながらキャストするも時間だけが過ぎていき、そろそろ戻り方向でと数か所立ち寄りますが何も起こらず。

帰着の時間となりました。

 

結果、3084g

なんと2位とは同ウェイト!ゼッケン負け(泣)

しかしながら3位入賞することができました。

使用ロッド:SBCS-604T0(ネコリグ)

      SCS-65-1/2UL-ST(ネコリグ)

      SCC-66-1/2MH-ST(ライトテキサス)

      SCC-66ML-ST(リーダーレスダウンショット)

      SBCS-607T2(シャッド)

      SBC-606M(スピナーベイト)