REPORT

【ムラユウのエンジンラボ】vol.89  「今年もたくさんの魚との出会いに感謝」

 

 

ENGINE WEBをご覧のみなさん。プロスタッフの村川勇介です。

 

今年は暖かく12月に入っても水温の高いレイクコンディションでした。しかし、12月10日前後にしっかりと寒波が押し寄せてきて、いつもの冬のコンディションになりました。

 

冬の定番ルアーといえば、ヴィショップを代表とするシャッドルアーやスクープハンマーなどのメタルバイブです。

 

 

特に、今年の霞水系ではスクープハンマーが好調ですので改めてご紹介します。

 

スクープハンマーの紹介ページはコチラ:https://engine-fishing.jp/page2/scoop-hammer/

 

スクープハンマーの開発コンセプトは、一口サイズのメタルバイブであり、リフトしたときに明確にブルブルが伝わってくることを念頭に開発をしました。発売した当初は、霞水系ではメタルバイブをボート、オカッパリ共に使い込んでいる人が少なかったですが、最近ではたくさんの人が使っており、たくさんの釣果をSNS等で見かけるようになりました。

 

ちなみに、ボートからの人は3/8オンス、おかっぱりの人は1/4オンスを使っている人が多いみたいです。

 

 

12月に入りたくさんのスクープハンマーフィッシュで釣れたよーーと、報告を頂きました。

ありがとうございます。

 

使い方は、簡単です。あまり遠投はせずに、しっかりとボトムを取り、小刻みにリフト&フォールを繰り返します。このリフト&フォールがメタルバイブの釣りには大切なのですが、多くの人が大きくシャクッてしまい、バスの目の前からルアーを離してしまっています。

小さく、小さく動かしてバスの目の前を何度も何度も、ルアーが通るようなイメージで動かすのを忘れないでください。

 

メタルバイブ=スクープハンマーは、冬の最後の奥の手というイメージですが、使いこなせるのと、使いこなせないのでは冬の釣りが大きく変わります。ぜひ、マスターして痺れるような冬バスを釣ってくださいね。

 

あ、ロッドはMHクラス以上の番手を使ってください。あまり柔らかいロッドですとしっかりとリフト&フォールができないですからね^^

 

この冬には、スクープハンマーの釣りをみんなで楽しむために「鉄板王決定戦」を1月か2月に開催予定です。SNS等でご案内しますので、ご都合つく方はぜひご参加ください。

 

今年もエンジンWEBサイトをご覧頂きありがとうございました。

来期も、たくさんの人にたくさんの魚を釣ってもらうような情報発信を心掛けていきます。

 

来年もエンジン製品のご愛顧をよろしくお願いします。