REPORT

【スタッフレポート】 丸山知幸 vol.53 「厳しい状況下のキャロシャッド!」

皆さんこんにちは。

 

フィールドスタッフの丸山です。

 

現在の野尻湖は秋に突入し厳しい状況となっております。

 

こんな時の対応策としてリアクションで釣るキャロシャッドの出番となります。

 

キャロシャッドのシステムとして組むのがヴィショップ60ですが、最近の私の流行はベルトロミノー65DF

 

ヴィショップの動きだと水押しは強いのですが、ダートアピールは控えめな印象。

そこでベルトロミノーを使用し切れのあるダートアクションと連結の不規則アクションによるアピールでディープのスモールに目新しいアクションに反応させるのが狙い!

 

狙い通り、スモールのレンジに通せれば連発!!

 

アクションは2ジャークでストップを繰り返すやり方でOK。

 

厳しい時はぜひ試してみて下さい!

参照タックル

ロッド:スペルバウンド SBCS-607T2

ルアー:ベルトロミノー65DF+STUDIO100タングステンバレットシンカータイプフリップ 1/4oz

ライン:フロロ4ポンド