REPORT

【スタッフレポート】 金田修一 vol.9 「JB河口湖B第2戦3位入賞!」

フィールドスタッフ金田です。

今回は6月29日にJB河口湖B第2戦がありましたので報告です。

 

練習の段階ではフィールドコンディションはプリ、アフター、ミッド、様々な個体が混在していたので、これからどんどん多くなるであろうアフター回復系を探す事にほとんどの時間を使いました。

 

ウィードエリア、溶岩、ブレイク、風の向きや天候で多少なりとも口を使ってくれる個体がいて、釣れたらキロオーバーとサイズも良く期待半分不安半分で本番を迎えました。

 

当日ナント2日前に放流が入ってしまい、スタートまで朝からネイティヴバスをやるべきか悩みましたが、まず放流を揃える事にしました。

 

放流は口を使かっても結構ショートバイトだったのですが、今回からスペルバウンドコアSCS-60-1/2UL-STを導入した為、ショートバイトを難なく掛ける事が出来、繊細さも兼ね備え、なおかつパワーもある竿なのでとても楽に試合運びが出来ました。

 

9時に放流を5本揃えましたが、これでは勝負にならないのでネイティヴバスを走り回り探すもなかなかバスから反応がなく…。

 

12時過ぎに西風が吹いてきて、プラでも反応が良かった風の当たる溶岩の張り出しに向かい、1/16のスモラバを5から7メートル付近でスイミングさせると1投目でビックバイト‼︎

 

1発目の走りでデカイと確信しましたが、スペルバウンドサーキットクラスSBCS-600SLH2のバットのパワーは信頼し尽くしていますので全く焦る事なく沖に誘導して、なんとか2キロ弱の魚をキャッチ出来ました!

 

結果4800グラムで3位になれました。

 image1

image2

今回は本当にロッドに助けられた試合でした。

image3

 

繊細かつパワーもあり様々なフィールドで皆様の手助けをしてくれるロッドですので是非お試し下さい。

みなさんこれからハイシーズンエンジン全開で頑張っていきましょう‼︎

 

ロッド:スペルバウンドサーキットクラスSBCS-600SLH2

リール:2500番

ライン:3.5ポント

ルアー:1/16スモラバ

ロッド:スペルバウンドコアSCS-60-1/2UL-ST

リール:2500番

ライン:3.5ポント

リグ:20cmリーダーダウンショット

シンカー:1/16oz

ルアー:ポーク、色 スモーク 赤