REPORT

【スタッフレポート】浅見克美 vol.38 「今年もフォールクローラー5の季節到来!」

皆さんこんにちは!浅見です!

 

そろそろフォールクローラー5の季節ですので確かめに相模湖へ行って来ました!

相模湖の現状はプリとアフターが混在するとても難しい状況との情報の中でスタートしました。

 

まず始めに入った場所は勝瀬橋下のオイルフェンス

このポイントは朝一良いバスが釣れることで有名なポイントです。

早速、サイトでバスを確認出来たので枝にフォールクローラー5ネイルシンカー1/14ozのネコリグを

引っ掛けて水面でシェイクしていると即バイト!!!

開始5分で上がって来たのは45cmのナイスバス!!

 

その後、ポイントを吉野ワンドへ移動し3.5のジグヘッドにフォールクロー2.5#10AOYブラックを

ワンド入口の岩板へキャストするとフォール中にラインが走り800gをキャッチ!

吉野ワンドではジグヘッド2本とネコリグで4本700からキロ弱を計6本釣り青田ワンドへ移動!

 

青田ワンド右側のオーバーハングの中を見ていると多数の毛虫?イモムシ?が糸にぶら下がっていて

頻繁に水面に落ちているのが確認出来ました。

その毛虫をウグイとカモとバスが競い合って落ちてくる毛虫を捕食しているのを確認。

 

最初フォールクロー2.5のジグヘッドを枝に引っ掛けて使用していましたが着水と同時に

動きの早いウグイがバイトしてしまうため、フォールクロー5のネコリグに変えると

バスのバイトに変わり、ここでも800~1200gのバスをフォールクローラー5で4本ゲット!!!

 

相模湖・津久井湖でもフォールシリーズはこれからの時期に欠かせないアイテムです。

私がトーナメントで一番信頼を置いているのは、やはりフォールクローラー5スカッパノンのネイルシンカー1/14ozネコリグです!

ロッドはもちろんスペルバウンドサーキットクラスSBCC-602SL1MGとの最強コンビです!

FullSizeRender

相模湖や津久井湖などのリザーバーはキャスト精度によって釣果が左右される湖ですのでキャストは1番大切です。

オバーハングの中へのスキッピングやピンスポットへのキャストに一番すぐれているベイトフィネスロッドがSBCC-602SL1MGです!

 

また発売以降大好評のスペルバウンドコアシリーズも新たに私の武器に加わりましたので

今年もがんがん釣りますよ!

IMG_9007