REPORT

【スタッフレポート】丸山知幸vol.37 「野尻湖アーリーサマーパターン」

皆さんこんにちは。

 

フィールドスタッフの丸山です。

 

野尻湖ではアフターの時期もそろそろ終わりアーリーサマーの時期へと入ってきました。

 

アーリーサマーの野尻湖といえばラバージグが楽しくなってくる時期でもあります。

 

野尻湖で使用するラバージグの重さは3/8ozを基本にフォールスピードを速くしたり、ボトムをしっかりとりたい時は1/2ozを使用します。

 

トレーラーはフォール中もアピールしてくれボトムでも存在感のある

フォールクロー3.5がおすすめです。

 

カラー選択は晴れている時はダーク系のグリーンパンプキンペッパーやスカッパノンなどのアピール控えめなもの、曇ったり日光が少ない時はアピールできるラメ入りのもので私がよく使うのはシナモングリーンフレークやシナモンペッパーブルーフレークなどです。

 

ロッドは適度な硬さとフッキングストロークのとれるSBC-610MHがおすすめです。

 写真1

 

釣れてくるのは、ほぼ40UP

 

写真2

 

野尻湖ではボリュームのあるジグ+トレーラーも丸のみします。

 

ラバージグの季節は始まったばかりなので、野尻湖へ行く際はラバージグとフォールクロー3.5はお忘れなく!