REPORT

[トーナメントレポート]林正樹 JBⅡ河口湖第一戦

こんにちは林 正樹です
JBⅡ河口湖開幕戦レポートです。

当日は漕艇ルール適用でどんぶらこスタートでした。
しかしファーストポイントの定まっていない私たちには有意義なシンキングタイムでした。

デッドスローエリアを抜け、早速八木崎の溶岩へ。
先行者がいましたが岬よりの沖側を狙っていたのですんなり入れました。

溶岩をフロントで狙いバックシートからSBC-606MH&フットボールで四方八方狙います。
数投するとフロントから「やっぱり居た!」の声と同時にSBCS-602SLHMGをブチ曲げる強烈なファイト!

私もフットボールをピックアップしネットマンに集中!
2回、3回とネット際でターンされるも無事ネットイン!

黒々とした2Kgオーバーのスーパーキッカーです!
しばらくすると岸釣りの方が来てしまったので移動しました。

漕艇ルール解除まで奥河口湖で探しますが不発・・・
解除時刻を待ち橋脚へ。

早速見えるバス発見!フロントで執拗に狙います。
バックシート側にも小さいながらバスを発見。

手を変え品を変えアプローチしますがルアーにアタックして終わりの非常にスレスレの状態です・・・
何かのタイミングでバスが泳ぎ回り始めたのでスモラバをスイミングさせると足元でバイト!

ネットを使うほどのサイズでもなかったので抜き上げです。
念のためキーパースケールに当ててキープサイズを確認、なんとか2本目キープ!

フロントで狙っていたバスも姿が見えなくなってしまったのでポイント移動します。

この日最後のエリアに選んだのは去年絶好調でしたが今年はエリアが縮小されてしまった鵜の島東。
到着するなりまずは境界線を確認しながら一番外側のラインから狙います。

ウィードも生え始めイイ感じになっています。
スモラバをそのウィードに引っ掛けながらアクションさせていると・・・

「はむ」っとでもいうような極小さなアタリが!

さすがはスペシャルチューニングサーキットクラスフルソリッドシリーズ、小さなアタリも逃さずフッキングに持ち込めます!

ウィードエリアを回り始めた回復系なのでしょう、激しい突っ込みをみせます!
が、ウィードに突っ込もうとするバスをアングラー主導で余裕のファイトです^^

フルソリッドのパワーで引き寄せキャッチしたのは1500gクラスのナイスフィッシュでした!
その後も同エリアを流しますが追加できず。
3本でウェインです。

開けてみればリミットメイク0人の釣れていない状況でした。

結果3745gで準優勝!
二人ともSBCS-602SLHMGがメインロッドになり、苦手なアフター攻略のマストロッドを手に入れたことを感じさせてくれた大会でした。
20150703masakihayashi

メインタックル
ロッド:SBCS-600SLHMG
リール:イグニスTYPE-R2505
ルアー:手巻きスモラバ
ライン:フロロ3lb

サブタックル
ロッド:SBC-606MH
リール:タトゥーラTYPE-R
ルアー:手巻きフットボール
ライン:フロロ10lb