REPORT

【スタッフレポート】 丸山知幸 vol.57 「令和元年 野尻湖解禁レポート」

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの丸山です。

 

今年も野尻湖ルアー解禁日を迎えました。

 

解禁日当日からGW中の野尻湖の様子をレポートさせて頂きます。

 

今年の3月は暖かい日が多く季節の進行は早いのでは!と予想していたのですが、3月後半から4月にかけて冷え込む日が多く、解禁当日もまさかの雪!!

 

水温も10℃前後という日がGW中も続きシャローへ上がってきているバスは少な目な印象。

 

そこでシャローより一段下をジグヘッドとシャッドで探っていく感じで釣果は出せました。

 

ジグヘッドはSHU7のミドストとシャッドはVISHOP60Type1のジャーク&ポーズがおススメ!

 

エリアとしてはフラット絡みだと35cm前後と小型が多く、バンクと呼ばれる傾斜のきついエリアのほうが大型が釣れる印象でした。

プリスポーンのナイススモールの引きは格別ですね。

 

ここからは表層もよくなってきますので、SHU7のノーシンカーI字引きがおススメです。

 

 

今シーズンも野尻湖でスモールフィッシングを楽しみましょう。

参照タックル

 

ジグヘッド

ロッド:SBS-511SL3

ルアー:SHU7(クリアーシルバーフレーク)

ジグヘッド:studio100 ジグヘッド3/64oz

ライン:3ポンド

 

シャッド

ロッド:SBCS-607T2

ルアー;VISHOP60type1(フラッシュワカサギ)

ライン:4ポンド