REPORT

【スタッフレポート】 金田修一 vol.13「JBⅡ河口湖第二戦レポート」

夏の記録的猛暑から少し解消され大分過ごし易くなりましたが,人間同様にバスもまだ夏バテ気味なのか?私の良く行くフィールドでもショートバイトに悩まされてるアングラーが多いです。

 

少し前になりますが8月の下旬に開催されたJB2河口湖戦で私はノンボーターで参戦してきました。

 

河口湖の状況が超タフコンディションでリミットメイクが僅か2組と全く釣れない中、超ショートバイトで1日に数回しかないチャンスをSBCS-600SLH2MGで違和感なく貴重な魚を掛ける事が出来たおかげで、4位入賞に貢献することが出来ました!

 

 

こうゆう時に活躍するロッドは繊細であるがパワーが無いんじゃないの?と良く聞かれる事がありますがSBCS-600SLH2MGの場合そんな事も無く先日の河口湖でも広大なウィードエリアで

 

55センチ3キロ近いビックバスをキャッチすることができました!

 

ショートバイトをモノにする繊細さも兼ね備え、且つビックバスのトルクのある走りもバットがサスペンションの様に吸収してくれるので、安心してビッグワンをキャッチする事が出来るロッドでもあります。

 

ショートバイトに悩んでるアングラーや繊細さも欲しいけどパワーも欲しいと思ってる方は是非お手に取って試していただきたいです。

 

キャッチ率が飛躍的に向上する事間違いないですよ!

 

そろそろ津久井湖の○○パターンが始まりますので次回はその事をレポートします。