REPORT

【スタッフレポート】 末永 知之 vol.38 「オカッパリ初バス!」

ENGINE WEBをご覧の皆様! こんにちは!

 

フィールドスタッフの末永です!

 

二月になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか!?

 

私末永は、凍って溶けてを繰り返す東北のフィールドに足繁く通っておりましたが、

例年よりアングラーの数が少なく、釣果の厳しさを物語っているようでした。

 

主に野池での釣行なのですが、この時期の特徴として「一発出ればデカイ」

というのが非常に魅力的なシーズンでもあります。

 

 

 

ルアーは「フォールクロー3.5+ラバージグ」の組み合わせでした♪

 

そしてつい先日‼ 2018年の初バスをキャッチすることに成功しました‼

※ウエストポーチ型のライフジャケットを装着しております。

 

昨年の初バスを1cm上回る「52cm!!」

 

ルアーは「フォールクローラー3inジグヘッドリグ」でのキャッチです。

 

御存知のことかもしれませんが、体力のあるデカバスは冬でも捕食体制に入ります。

 

特に「夕方のマヅメ時」がチャンスです。

 

私もその“マヅメ時”を如何に攻略するかを考えながら行動してる次第です。

 

この日は「小規模+人的プレッシャー」もあるポイントでしたので、ライトリグでのアプローチをこころがけました。

 

ちなみに中規模~のポイントは、捕食しているベイトに合わせ、「フォールクロー+ラバージグ」「スイミングマスター+シャッドテールワーム」などを主軸にアプローチしています。

昨年の初バスはこちらのパターンでしたね♪

 

さてさて、今回貴重な一本を手にすることが出来た「フォールクローラー3in」ですが、

「ネコリグ」はじめ、「ワッキー」「ダウンショット」等、色々なリグで活躍するのですが、

私は「ジグヘッド」でのスイミングに多用するワームです。

 

シェイク時のテールの水噛みが非常に良く、今回のような野池始め、春の桧原湖でも実績が高いので是非試して頂ければと思います!

オールソリッドのスペルバウンド「SBCS-600SL2MG」がバットからぶち曲がりましたが、流石のパワーで葦からバスを引き離し無事キャッチ!!

冷や汗ものでした(汗)

 

「中々初バス釣れないな~」

そんな方は、「ジグヘッドにフォールクローラーを付けて」夕方のワンチャンスを狙ってみてください!

 

 

 

 

使用タックル

ロッド:SBCS-600SL2MG

ライン:フロロ3LB

ルアー:フォールクローラー3 (シナモンペッパーブルーフレーク)

リグ:0.9gジグヘッドリグ