REPORT

【スタッフレポート】末永知之 vol.31 「春のシャローカバー」

ENGINE WEBをご覧の皆様、こんにちは! 

フィールドスタッフの末永です!

 

三月も終わりになると平均気温もぐんっと上がり、いよいよ本格バスシーズンの時期になりました‼

 

後一か月もすると、私のホームでもある「桧原湖」が解禁になります♪

 

とはいえ桧原湖はまだ凍結中ですので、4月いっぱいは東北野池をエンジョイしようと思います。

 

近頃の野池ですが、ズバリ‼ スポーニングの1回目が終わっているポイントが出てきました。

 

池の規模にもよりますが、ある程度小規模なポイントは進行が速いようです。

 

この日もいくつかのポイントをランガンするも中々セレクティブなバスに苦戦を強いられました・・・・。

 

中でも衝撃的だったのは、藪を漕ぎまくり行き着いたワンドでのこと。

最奥のドシャローで発見した推定60㎝近いバス2匹・・・・。

木々に阻まれアプローチすることが出来ませんでしたが、東北野池のポテンシャルは本当に凄いと思いました・・・。

 

 

すこし脱線してしまいましたが、色々走り回り行き着いたのは「シャローカバー」が非常に多い野池です。

 

水質はマッディーで、まさに「フォールシリーズ」が活躍しそうなシチュエーション♪

 

池中央までガマが乱立しているポイントでチョイスしたのが・・・。

 

フォールスティック4‼」

 

浅いので5gのテキサスでサーチしました。

 

完全すり抜け重視かつ、フォールと着底後の倒れこみもなるべくスローに。

“見せる”を意識したセッティングです。

 

 

これをひたすらカバーに打ち込んで行くこと数投で!

 image002

春らしい体高のあるバスをキャッチ♪

 

image004

※安全の為、オカッパリでもウエストタイプのライフジャケットを着けています。

 

フォールスティックのお腹にはキール(窪み)が設けられていて、程よい(早すぎない)フォールが可能となっています。

 

私の場合、

・カバーの際を攻めるとき・・・「ウエイト付きオフセットでのセッティング

・カバーの中を攻めるとき・・・「テキサスリグ

 

と使い分けております。

 

これからのシーズンこそ活躍間違いなしのアイテムですので是非フィールドで試してみてください♪

それと・・・「フックサイズは3/0」です~!! ナローゲイブが良いですよ♪

 

 

 

使用タックル

ロッド:SBCC-608T4

ライン:フロロ16LB

ルアー:フォールスティック4(シナモンペッパーブルーフレーク)

シンカー:スタジオ100 バレットフリップタイプ 3/16oz

フック:オフセットフック(ナローゲイブ)     #3/0