REPORT

【スタッフレポート】末永知之 vol.31 「早春の野池攻略」

ENGINE WEBをご覧の皆様、こんにちは! 

フィールドスタッフの末永です!

 

東北も遂に花粉が飛ぶようになり、花粉症アングラーには大分厳しい季節になりましたね~(涙)

 

もちろん私もマスクに偏光スタイルで頑張っています‼

 

さて今回のレポートは、前回に続き「野池」攻略について書かせて頂きます♪

 

前回のレポートでの50UPをキャッチしたことにより、ランカーハントに火が付いた訳ですが・・・・・・。

 

やはりそうは甘くないのが今時期の東北です。。。

 

それでも、藪を漕ぎ、魚を探し・・・・・。を繰り返すこと5回目の釣行で遂に反応が‼

 

小規模野池のバンク沿い、少しブレイクになっていて、水中にはオダが沈むポイント。

フォールクロー3.5+ラバージグ

の50UPセッティングでラインが走ります!

 

ゆっくり送って・・・・合わせる!

「スカッ!」っとジグが飛んでくる。。。

これを2回繰り返し反応は無くなってしまいました。

 

日を改め再度その魚にチャレンジ‼

 

「あの魚を釣るには・・・・。」

色々考えた結果、サイズ感が少し大きかったのではないか?

との答えに‼

 

そこで今度はベイトフィネスタックルに・・・・。

フォールクロー2.5+スモラバ2.7ℊ

のサイズダウンセッティングで臨みます!

 

すると目論み通りにラインが走り・・・・・?

しっかりフッキング!!!!!

 

上がってきたのは・・・・?

image002

45/1300

goodバスでした♪

 

 

 image004

ややマッディーな水質でしたので、溶け込むようなカラー選択をしました!

ジャパンパンプキン」のカラーは、私の中で野池万能カラー”で常にバッグの中に入っています♪

 

やはりバスの大きさによって、食べてくれるルアーのサイズ感というのが違うというのが改めて勉強になった釣行でした。

 

いずれにせよフォールクロー大活躍の冬!でした♪

もし、当たりがあって乗らない・・・。

そんな時はそのままサイズを落としてみる!

簡単なことで、結果に繋がる事があるかもしれませんよ!?

 

 

使用タックル

ロッド:SBCC-609SLTMG

ライン:フロロ7LB

ルアー:フォールクロー2.5(ジャパンパンプキン)

    ※スモールラバージグ3/32oz